賃貸住宅のメリットとデメリットを知っておこう!

賃貸住宅のメリットとは

賃貸住宅に住む場合にはそのメリットとデメリットを知っておいた方が今後住み続けるかどうかを決める時も参考になるはずですね。まずメリットについてですが、家に住むのにあまりお金がかからないという点です。初期に必要な費用もせいぜい毎月の家賃の4倍から5倍ぐらいしかありません。一人暮らしであれば最低でも40万円手元にあれば賃貸生活をスタートすることが出来ます。家族住まいであれば60万円も用意しておけば十分でしょうね。

賃貸住宅のメリットその2

また、賃貸住宅では、固定資産税がかかりません。固定資産税は土地や建物を所有してるとかかるもので自己所有の一戸建て住宅の場合であれば毎年おおよそ8万円から16万円ぐらいかかるのが普通ですね。もちろん住んでいる場所や土地の広さによっていくらかかるかは変わってきますが。さらには隣近所や近くの場所で騒音問題が起きたり環境が悪い場合にも割と簡単に引っ越すことが出来るのです。このように考えると賃貸住宅もアリかなと感じる人も多いかもしれませんね。

賃貸住宅のデメリットとは

賃貸住宅のデメリットとは、何年住んでいても自分の建物や自分の土地にならないことですね。これは自己所有の一戸建て住宅や分譲マンションは確かに数十年はローンを支払い、それが家賃のようだから賃貸と変わらないという人もいますが、ローンを支払い終えてしまえば、修繕費と個性資産税を気にする程度で後は特に金銭的な負担は考えずに済むわけですね。このように長期的に住むのであれば賃貸住宅のほうが不利になります。また、車を持っていると駐車場代を払い続けなければならないという点も問題になりますね。

賃貸管理システムとは、借主の情報や、家賃支払の情報などを管理するシステムです。手作業での事務作業が減り、コスト削減効果が期待できます。