ITネットワークにおけるサーバーというもの

クライアントとサーバーで成り立つインターネット

インターネットは、クライアント/サーバーというモデルによって作られています。これは、インターネットというものが、ネット上で様々なサービスを提供しているサーバーと、そのサーバーにサービスを提供してもらうクライアントから成っている、ということです。その代表的なものが、今では誰にもお馴染みであるWEBシステムで、これもWEBサーバーとWEBクライアントから成っているのですが、このWEBクライアントのことを、WEBブラウザと呼んでいるのです。

ネットショッピングというものを考えてみれば

このことは、ネットショッピングというものを考えてみれば、わかりやすいでしょう。ネットショッピングでは、WEBブラウザからネットショップが運営しているWEBサーバーに注文を出します。そうすると、ネットショップのWEBサーバーがその注文を受けて、注文した商品が注文を出したユーザーに届けられる、という仕組みになっているわけです。これはつまり、ネットショップというサービスを提供しているWEBサーバーに、WEBブラウザがアクセスしてそのサービスを受ける、ということをしているわけなのです。

動画サービスも提供しているインターネットのサーバー

このように、WEBブラウザというクライアントと、WEBサーバーというサーバーとのやり取りに代表されているように、サービスを提供するサーバーと、そのサービスを受けるクライアントとがやり取りして成り立っている、というのがインターネットなのです。今では、すっかりお馴染みとなっている動画サイトというものがありますが、これも動画を提供しているサーバーがあって、クライアントがそこにアクセスして動画を閲覧する、というクライアントとサーバーとのやり取りで成り立っているわけなのです。

レンタルサーバーは、各地の天然水を飲むことができます。スーパーでなかなか販売されていない天然水も飲むことが可能です。