初心者のためのHP作成テクニック!その内容とは?

始めての押さえておくべき三つの基礎

HPは見える部分と見えない部分をプログラム言語で現す事によって成り立っていますよ。押さえておくべき三つの基礎があり、その三つとは、heder、body、cssと呼ばれる内容です。hederは頭と言われている物であり、ページのタイトルを付けたり、検索エンジンにおける表示結果として表示される説明文を記載する場所です。bodyは体と言われ、ここに記載される内容がHP上で表現される事になります。CSSはbody内にあるコンテツを装飾する物であり、heder内に記載する方法もありますが、外部ファイルとして読み込む方法が一般的に行われていますよ。

入門レベルから学習を行う

難しい内容から取り組んでも意味が分からず、ついていけなくなる事がありますよね。難しい内容と言うのは、簡単な内容の積み重ねであり、基礎を押さえる事が重要になります。文章を掲載する事と、画像を貼り付けて表示する、この二つを押さえておけば、ホームページとしての形を作り出す事が可能です。cssで、文字の装飾に変化を与えて表示を行えば、CSSとはどの様な役割があるのかを具体的に知る事が出来る様になりますよ。

常に欲を持って作成をする

HTML言語やCSSなどのプログラム言語を全て覚えてから作成するには、効率が悪くなる事もありますよ。入門レベルの内容を作成していきながら欲を持ち、少しづつ新たな変化を与えて行く方が効率よく、調べながら学ぶ意欲も高めて行く事が可能になります。例えば、文字、画像の掲載ができる様になれば、画像にマウスを乗せた場合、画像を入れ替える内容を学ぶ様な方法です。HP作成は家を組み立てて行く様な姿で学ぶ事が望ましく、小屋を建てれる様になれば、一戸建ての家、一戸建ての家が建てれる様になればマンションへと言う姿です。この様な考え方で積み重ねていけば、HP作成におけるマイスターになる事も夢ではありませんよ。

ホームページ作成はブログのテンプレートを使用することで、プログラムが出来なくても見栄えの良いサイトが作成できます。