新入社員研修は会場設定を工夫することで効果は倍増します

ホテルで行う新入社員研修

新入社員研修の定番は、身だしなみから接遇・挨拶・電話応対になります。このテーマを単なる貸し会議室の会場で行うのではなく、ホテルの貸室で行うことで効果は倍増します。ホテルの貸室は、冠婚葬祭用に使われるのが一般的ですから、少人数であっても室内の作りは豪華に作られています。そうして、食事は特別メニューで一人ひとりのコースを部屋にウェイトレスに運んでもらうことです。また、事前にホテルの支配人に講師の依頼をするのも良いでしょう。

神社・仏閣で行う新入社員研修

神社・仏閣で宿泊をさせてもらっての新入社員は、躾を身体で身に着けさせるのに効果があります。研修と言えば、会議室か研修会場をイメージするのですが、神社や仏閣で行うだけで新入社員は緊張するでしょう。起床・就寝は、通常の現地スケジュールで行い、畳の間で全員が雑魚寝で起床と同時に床を畳、洗面をして境内に集合、軽いランニングで一周して朝食を精進料理主体にいただくといってスタートになります。般若心経の写経や座禅のコースも組み入れると更に効果がでるでしょう。

浜辺の家で行う新入社員研修

新入社員の研修を海の家で行うのです。学生時代は考えることばかりで、行動と知識か一致しておりませんので、理屈が通用しないことを理解させます。会社というところは、行動がすべてであるということを身をもって知らしめるには効果抜群です。海を見ての一週間の研修は、当初は浮かれた気分であっても参加者はすぐに研修の違いを理解するでしょう。海に向かって大声で発生すること、早朝の砂浜のランニングで、徹底した体力づくりは知識が持つ限界を参加者に植え付けることになります。

充実した社員研修を希望するなら、コンサルタントに相談する方法が最適です。理想的なプラグラムを計画してもらえます。