WEB制作!…でも何から勉強したらいいの??

まずはHTMLを学ぼう!

なんと、HTMLはほとんどのWEBサイトで使われています。なのでまずはHTMLというものを勉強してみましょう。HTMLだけでも簡単なWEBサイトが作れます。ですがHTMLだけですと、デザインを凝ることが全然できないんです。デザインを凝ることが出来ない分軽いWEBサイトはできますが、せっかく作ろうとしているWEBサイト。デザイン面でとても物足りなく感じてしまうでしょう。そういう時は次に紹介するものを学んでみましょう。

デザインはCSSで!

HTMLを学んだら次はCSSを学んでみましょう。これでやっとデザインを細かく設定することが出来ます。字体はどれにしようかな、クリックしたらここの色はどの色に変わるようにしようかな、この文章の位置はどこにしようかな、とたくさん考えることが出来てとても楽しくなってきます。最近ではブログでもCSSを自分で変更ができるようになっているので学んでおくとWEBサイト以外でも役に立つことがあるかもしれませんね。

もっと凝りたい!そんなときはJavascript!

WEBサイトに動きをつけたいそう思った方にはJavascriptをお勧めします。自動で定期的にトップ画面にある写真が変わったり、背景の色が変わったりするようなWEBイトに出来たりします。Javascriptを使うとたくさんの不可能を可能にでてしまいます。動的なWEBサイトは作るのも見るのも楽しいですが、WEBサイトが重くなってしまうというデメリットもあるので自分の作りたいWEBサイトに合わせて上手に調節して作ってみてくださいね。

変化のスピードの速いweb制作の業界ですが、初心者がプロに頼む際に注意したいポイントは2つ。自分のレベルにあわせて説明してくれるサポートがあるかどうか、アップデートができるか、これが重要です!