どうすれば炎上が防げる!?風評被害が発生する前の対策について

顧客からの評価を常にチェックする

ネットでの炎上が発生して風評被害が広まる前の対策として重要なのが、顧客の感想にしっかり目を光らせることです。ある会社の営業マンの対応がひどかったなどの話題はネットでもネタにされることが多く、すぐに広まってしまいますよ。特に店員の態度やサービスが悪いという話題は炎上しやすいんです。そのため、担当者はネットでこのような書き込みを見つけたら、ギャップを解消するための手段をとる必要があります。例えば、顧客にアンケートをとって結果の分析をしてみましょう。

発言をする前に想像力を働かせる

ネットでは炎上しやすい話題や言い方は避けるのが大事なんですよ。特にイデオロギーに関わることや、人を馬鹿にしたような発言、乱暴な言葉はさけましょう。そして、想像力を働かせて発言をしましょう。同じ言葉であっても育った環境や所属する環境によって、価値観は違います。このぐらいは大丈夫だと思っていることでも、ある人には耐えられないケースもあるので注意しましょう。あまり考えすぎると何もいえなくなりますが、可能なかぎり想像力を働かせ発言するのがおすすめですよ。

ガイドラインを作っておくと安心

ソーシャルメディアで発生した風評被害の原因は、個人から出発することも多いんですよ。匿名で発言していても、投稿者の履歴などから誰の発現なのか分かることも多いです。たとえそれが社員個人の発言だったとしても、炎上してしまえば所属する会社にまで影響が及びます。そのため、このような風評被害の発生を防ぐために社内のガイドラインを作成しましょう。ルールをしっかり守ることで、ソーシャルメディアのメリットを活かすことができますよ。

個人で情報開示を求めるのは手続きが困難なので、誹謗中傷対策業者は弁護士を雇っていて速やかに手続きを行ってくれます。